インドジェネリックを使ってED改善│インド産が多い理由

バイアグラの歴史

悩む男性

大阪でもED治療薬として知られるバイアグラですが、バイアグラが狭心症の治療薬の開発の副産物であることはあまり知られていません。
狭心症の開発薬として臨床研究を行われていたバイアグラでしたが、その過程でバイアグラに含まれるシルデナフィルという有効成分が、勃起を促進する効果を持っていることが発見されたのです。そうして狭心症治療薬としてではなく、世界初のED治療薬としてバイアグラが誕生しました。1998年にED治療薬として認可されてからは、大阪だけではなく日本全域、世界中に広く愛されるED治療薬となりました。名前の由来には諸説ありますが、バイタルの活力とナイアガラの滝のような激しく引き出す勢いを合わせてバイアグラとなってという説や、かの世界遺産、タージ・マハールを作ったと言われている王様が精力絶倫であったという話から、その町の名前である「アグラ」から命名されたという説などがあります。こうして大阪でも広く親しまれるようになったバイアグラですが、薬品であるため服用の際には注意事項なども存在します。大阪で医師から商法された場合にも説明などはありますが、バイアグラは食事などによって作用されてしまい、吸収が阻害されてしまうため、食前に飲む必要などがあります。空腹時に水で服用して、薬が溶けるまでの30分前後の間は食事を取らないようにしましょう。また、食事を摂る際は油物などを控えることも大切です。また、効果時間は数時間程度とされていますが、1回の服用で1錠とされ、24時間以内の服用は過剰摂取となっているため、切れたからといって再度服用すると思わぬ副作用などが出てしまう可能性があります。